商品カテゴリ一覧 > こだわりのお米 > 石川県カルゲン会さんのカルゲン農法コシヒカリ

「健康・おいしさ」をモットーに
石川県カルゲン会さんのカルゲン農法コシヒカリ

カルゲン農法とは、太古の昔に海水中の石膏分が凝固して鉱石となったカルゲン肥料を、1反に対し稲ができるまで約5袋を入れる農法です。団粒化された土は微生物が繁殖します。この農法によってコクのある昔の味がよみがえり甘みがあるお米になります。太古の昔の石膏分が肥料として使われていると聞くと、なんだかロマンを感じてしまいます。だからでしょうか。このお米は昔のお米の味わいがすると思います。健康派の奥様にも、自信を持っておすすめできるお米です。


今すぐ購入する方はこちらから
忍耐強く、勤勉な県民性が育てた健康でおいしいお米

東は宝達丘陵、大門山系等により富山県に、南は白山、大日山の両白山地が岐阜及び福井県と接し、北部は能登半島が日本海側に大きく突き出しており、低標高の小起伏山地と丘陵地とで形成されています。石川県は古くからの上方文化との接触や、人間の交流が多く、上方生活圏の東北端をなしています。勤勉な北陸気質ながら,経済的な豊かさはのんびりした気質を生み、忍耐強いのが石川県の県民性です。


より安心で、より安全な、より美味しい米作りに妥協はない

カルゲン会の代表 杭田さんは、カルゲンに携わって27年間。より安心・安全・そして美味しい米作りを妥協無く目指してきました。また年々会員が増え、その方々に対してもカルゲンについての勉強をし、また実践してきました。「安心・安全・美味しさは、これで完璧という言葉はありません。」と語り、常に向上心を忘れず、より探究心と研究と実践を重ね、また会員からの情報ネットワークを密にして、お米作りに励んでおられます。

農薬・肥料のこだわり

カルゲン肥料を元肥・追肥・実肥に使用することによって体質が強化され農薬の肥料をより削減できます。またそれにより、安全性の高い健康米の生産につなげることを目指しています。
カルゲンの米施肥基準としては10aあたりカルゲン肥料を元肥30kg+追肥30kg+実肥15kg(天候等により異なる場合がある)。それによってできる限り農薬・化学肥料を抑えることが可能です。
滋賀県で代かき直後の水田にカルゲンを散布したところ、濁水の発生を抑制できるという現地調査の結果が同県南部振興局農産普及課から発表されました。散布当日から透視度(沈殿速度)の向上が見られ、無散布水田の約2倍に達しました。2日後には約7cm、6日後には約26cmも透視できました。琵琶湖を抱える同県では水田からの濁水流対策が大きな課題となっており、効果が実証されたカルゲンの活用に期待が高まっています。

お米・栽培の特長

「カルゲン」とはカルシウムとイオウが結びついた農業用石膏を主体に作られた特殊肥料のことです。当初は野菜・果樹等の利用が先行していましたが、稲作においてもカルゲンによる体質強化で倒伏を軽減し、より高品質で良食味米の生産を目指しています。カルゲンは石炭類、その他肥料と異なり、連用することで土壌の団粒化が進みます。団粒化した土は通気性、排水性が高まるほか、保肥・保温・保水性も向上します。有効バクテリアやミミズの繁殖を促してリン酸の効果を高め、強い稲作を作ります。太い茎に育てながら、過繁茂・徒長を防いで倒伏防止に効果を発揮します。また倒熟歩合も引き上げます。カルゲンが食味の低下につながる窒素過多を防止するため、良食味・高品質米の安定生産を実現します。

ご注文はこちらから

石川県カルゲン会さんのカルゲン農法コシヒカリ

生産地 石川県加賀・能登
品種 コシヒカリ
栽培方法 カルゲン農法
使用割合 100%
年産 29年産


3kg 1,835円 精米方法 数量
5kg 3,058円 精米方法 数量
10kg 6,115円 精米方法 数量

(価格は全て税別玄米価格です。)





身体にいいことを知って、玄米に関心がある方が増えてきました。ぬかに含まれる「胚芽」は栄養の宝庫!玄米は白米より、ビタミン、ミネラル、食物繊維を2〜4倍含んでいます。でも玄米は慣れるのに時間がかかります。楽しい食事に我慢は禁物。分づき米でちょこっと玄米生活を始めてみましょう。