商品カテゴリ一覧 > こだわりのお米 > 千葉県農宮眞平さんのミルキークィーン

お米の粘りと笑顔は誰にも負けません
千葉県農宮眞平さんのミルキークィーン

お米界の新しいプリンセス。それがミルキークィーンです。粘りが強くて、味が良いお米をお探しならこれ!ミルキークィーンは、コシヒカリと食べ比べてみてびっくりの、もちもち感と甘み。
作り手は農家の鉄人といわれる農宮さん。特に米作りの基本である土作りに関しては、冬から春にかけての妥協のない手入れに、感服です!


今すぐ購入する方はこちらから
九十九平野の温厚で優しい人たちに育てられたお米です

東金市は九十九里平野の中心にあって海岸から6km位の温暖な地域。水は利根川の水を引いています。東金市の人は温厚で優しい人間が多い地域です。

とにかくお米が好き! 米一筋!!

農宮さんは、地元の農業高校を卒業して家の跡継ぎとして農業に従事。若い頃、植木などを造形していましたが、自分はお米が大好きと感じ、それ以来、米一筋!地域の信頼も厚く「ぜひ田んぼをやってくれ」と言われたため、最初は4町歩(4ha)しかなかった田んぼが、現在は27町歩(27ha)に年々増えてきました。現在は奥さんと長男(広隆さん)とその奥さんの4人で頑張っています。


農薬・肥料のこだわり

ペースト(水状のドロドロした)肥料でさとうきびの絞りかすをベースにして作った肥料。それを元肥(もとごえ)にします。(田植えと同時に行う)追肥は穂が出る1ケ月前の6月後半、おまかせ君という肥料を使用。除草剤は1日のみで、田植えの時。種は1年おきに更新しています。

お米・栽培の特長

相手が自然だから台風があったり、自然災害があったりするので、自分の年中行事として年に3回、豊作祈願奉仕(おびしゃ)をします。基本は深耕。冬の間に土を15〜20cm反転させて土を丈夫にし、雑草の種を押さえ、そして土を良くします。水引が安定するので、常に田んぼを平に。お米作りは「一寸一石」と言われますが、一寸深く耕せば一石(2俵半)多く収穫できるという意味。そんな気持ちで労を惜しまず、おいしいお米が育つよう努力しています。

ご注文はこちらから

もちもちのお米大好き!千葉県農宮眞平さんのミルキークィーン

生産地 千葉県東金市
品種 ミルキークィーン
栽培方法 特別栽培米
使用割合 100%
年産 29年産


3kg 1,584円 精米方法 数量
5kg 2,640円 精米方法 数量
10kg 5,280円 精米方法 数量

(価格は全て税別玄米価格です。)





身体にいいことを知って、玄米に関心がある方が増えてきました。ぬかに含まれる「胚芽」は栄養の宝庫!玄米は白米より、ビタミン、ミネラル、食物繊維を2〜4倍含んでいます。でも玄米は慣れるのに時間がかかります。楽しい食事に我慢は禁物。分づき米でちょこっと玄米生活を始めてみましょう。